芸能・有名人ネタ

YouTubeネタ

国内・海外の大物YouTuber達の謝罪など

【大物YouTuber達の謝罪】

楽しいハプニングや演出上のドッキリなど多種多様なびっくりは世界共通で笑いのネタとなっていますね。

ただし、それも度が超えたり笑えない程の大惨事に発展する事もあります。

観る方も提供する方も楽しくできれば良いですが、そういう訳にも行かないことが多々あります。

そこで今回はどう言ったパターンが多くあるのか見てみました。

この記事の内容です。

・『大物YouTuberの謝罪について』

・『激しすぎる動画で事故も』

・『YouTuberの影響で』

・『謝罪でない動画を楽しめるように』

・『まとめ』

 

それでは見ていきましょう!

 

 

『大物YouTuberの謝罪について』

YouTuberは今や誰もが知っている職業として「将来なりたい職業」ランキングで上位に入るほどのものです。

小学生の憧れの職業でもあり、今やYouTuberは世界中に存在しています。

YouTubeにはそんなYouTuber達の動画が多く投稿されていますが、中には謝罪動画と言われる動画も投稿されています。

面白い動画だけではなく、過去の投稿した動画で炎上にまで発展しているYouTuberの方もおり、謝罪にまで発展してしまうこともあります。

 

その謝罪内容は様々で、動画撮影中の事故や、動画の内容に虚偽があったり、不適切な内容の動画を投稿していたりと様々です。

 

今回は世界で起こった謝罪動画の詳細をまとめていきます。

 

『激しすぎる動画で事故も』

激しすぎる撮影をしていて事故になってしまうYouTuberもいます。

危険なアクションなどをしていて、怪我をしてしまったり、周りの人に怪我をさせてしまったりする事もあります。

 

中には、安全に配慮していても事故が起こってしまうこともあり、謝罪につながる事もあります。

 

ロシアのYouTuberは廃墟で撮影をしていたところ非常階段が壊れ転落してしまいました。

その後、病院に運ばれましたがそのまま亡くなってしまいました。

衝撃的なニュースにYouTuberの方々や、ファンの方も驚きを隠せませんでした。

謝罪の騒ぎではなくなってしまうほどの出来事でしたが、YouTuberが世間に与える影響は大きく、動画作成時の自己管理などに非難が出てしまう事もあります。

 

『YouTuberの影響で』

中国では14歳と12歳の子供が、YouTuberの真似をして空き缶でポップコーンを作りました。

結果は空き缶が爆発してしまい、子供達は病院へ行くことへ。

重度の火傷を負った子供達は1人が亡くなってしまい、もう一人は整形をしないといけなくなりました。

事故の元となった動画を投稿したYouTuberは謝罪しましたが、批判が集まりました。

 

その動画に不適切なところはなかったのか、安全に配慮されているものだったのか、子供が真似してしまうということが考えられなかったのかなどの批判も集まりました。

 

そのYouTuberは、チャンネル登録者数が70万人越えで、1本の動画で1000万回以上の再生を誇るなどの世界でも人気のあるYouTuberです。

 

何気なく投稿した動画が引き金となり、死亡事故にまで発展してしまうのは、動画を投稿した本人達も悲しいでしょう。

 

実際の事故は、子供達の作業のミスにより爆発が起こってしまったそうですが、誰でも見れるのがYouTubeです。

子供から大人まで楽しめる作品を出し続けているYouTuberは動画を出した後にまで責任を負わなければいけませんよね。

 

『謝罪でない動画を楽しめるように』

YouTuberという職業が出てきて、様々なものが身近で感じられるようになりました。

楽しいことや、面白いことが動画として投稿され、子供から大人までが楽しめる動画が多くあります。

 

しかし、謝罪というキーワードで視聴回数を稼いだりする人たちもいるのが事実です。

虚偽の謝罪動画も出回っていたり、誇張されたタイトルで動画を再生させたりとする人たちもいます。

そんな中でも、本当に謝罪の動画を出している方もおり、その背景には悲しい事実が隠されている事も。

謝罪でない動画で楽しめるように、今後は投稿する方も見る方も気をつけていきたいですね。

 

『まとめ』

今回は、YouTuberの謝罪についてまとめてみました。

今やYouTuberという職業が当たり前にある時代において、いろんな動画が投稿されていますが、良い動画もあれば、謝罪という動画もあります。

どうして謝罪することになったのか、何が原因なのかということを考えると裏には悲しい事実も出てきてしまいます。

動画が原因で死亡事故が起きてしまう事もあり、YouTuberは謝罪をする事もあります。

謝罪をしなくてもいいように、投稿する側、見る側も気をつけていきたいですね。

 

 

 

-YouTubeネタ

© 2021 謝罪の理由 Powered by AFFINGER5