夜の人笑い

YouTubeネタ

カップルインフルエンサー「夜のひと笑い」が謝罪について。動画削除した理由|人気YouTube動画

【人気YouTuber動画削除で謝罪へ】

 

この記事では以下について書いています。

内容はこちら

『「夜のひと笑い」』

『動画削除について』

『YouTubeの規制について』

『今後の対応は?』

『まとめ』

それでは見ていきましょう!

 

 

『「夜のひと笑い」』

人気YouTuberの「夜のひと笑い」が動画を削除した件について謝罪しました。

今回削除した動画には不適切な動画があったわけではなく、YouTubeの規制に引っかかってしまったのが原因のようです。

そんな「夜のひと笑い」さんですが、今若者に注目されているとのことで、どのような方達なのでしょうか。

 

「夜のひと笑い」はTikTokからYouTubeにきた今注目のカップルインフルエンサーです。

TikTokのフォロワー数が210万人でYouTubeの登録者数は142万人を超える人気カップルインフルエンサーです。

「こう」と「いちえ」の2人はどちらも大阪府出身でテレビの出演や、2021年6月には楽曲のリリースなどもする若者に人気の2人です。

 

『動画削除について』

今回、動画を削除した件について「夜のひと笑い」さんは動画で、出した動画に広告制限が3本連続でついてしまったとの説明をしました。

 

動画が過激すぎたり、不適切な動画だったりした場合には、その動画に広告制限がついてしまいます。

そうなると、広告がつかずその動画を見ても収益が発生しない仕組みになってしまうそうです。

今回は広告制限が3つ動画に連続で引っかかってしまったとのことで、その動画には黄色マークと言われる目印がついてしまい、黄色マークのついた動画を複数所持しているとYouTubeより危険と判断されて、過激でもない動画にも広告制限が出てしまうそうです。

実際、その後の動画投稿では過激でもない動画を載せたのにもかかわらず広告制限が出てしまったとのことです。

そのため、黄色マークのついた動画を全て削除したとのことです。

 

『YouTubeの規制について』

今回の動画でも説明されていた黄色マークとは、YouTube側が動画の内容を自動でチェックするもので、「動画の内容がほとんどの広告主に適していない」と判断されると、マークがつくようです。

そのマークがつくと、動画には広告が載せられなくなり、広告掲載ができず、再生回数に応じた収益をもらえなくなるというものです。

今回の黄色マークでは他のYouTuberの方たちも経験したことがあるようで、YouTubeをする上では、気をつけておきたいポイントとなるようです。

『今後の対応は?』

今回、動画が削除されたことについて、2人のメンタル的にも影響があったということでした。

黄色マークがつくと、再生回数も伸びなく、視聴者のおすすめ動画にも表示されなくなるということで、その影響は多大なるものです。

今回は3本の削除ということでしたが、1本の動画を作るだけでも相当の時間がかかるYouTube。

企画の考案や、撮影、編集までの時間を考えると膨大な時間がかかっていることが分かりますよね。

また、せっかくの動画がみれくなってしまうのも視聴者にとっても寂しいですよね。

 

今後の動画は、メインチャンネルもありますが、サブチャンネルにも投稿するとのことでした。

 

『まとめ』

今回は今若者に人気のカップルインフルエンサー「夜のひと笑い」の謝罪についてまとめてみました。

1週間分の動画を削除することになり、「夜のひと笑い」も視聴者も困惑したかと思いますが、その原因はYouTubeによる動画チェックにてひっかかってしまったとのことでした。

出す動画には広告制限がかかってしまうことで収益がもらえず、その後の動画にも影響があるということで削除を決意したお二人。

動画の内容にそこまでの不適切なものがなかったにもかかわらず黄色マークがついてしまったことにショックを隠せない様子でした。

今回の件で動画に広告がつけづらくなってしまいましたが、これからもカップルインフルエンサーとして面白い動画を出して欲しいと思います。

 

 

 

 

-YouTubeネタ

© 2021 謝罪の理由 Powered by AFFINGER5